お知らせ

本研究科リーディングプログラムに在籍する学生がJICAインターンシップ・プログラムに参加

 

 

 

 本研究科リーディングプログラムに在籍するアムケレ・ソキヴェ・アムケレさん(博士前期課程2年)が2020年3月2日から6日までJICA資源の絆プログラムの一環として、財団法人宇宙システム利用開発推進機構(Japan Space Systems,東京都)でのインターンシップ・プログラムに参加しました。

 JSSは、宇宙システムに関する研究開発などの事業を行っており、資源の分野においては、石油資源遠隔探知技術の研究開発や地球観測衛星により得られた観測データの情報提供を行っています。

 インターンシップは5日間行われ、リモートセンシング(遠隔で操作する技術)やGIS(地理情報システム)、QGIS(地理情報システムの閲覧や編集をするためのソフトウェア)の基礎的な説明を受けた後、屋外でQGISを用いた地形のデジタル化やポリゴン(3Dコンピュータグラフィック)の作成など現地での実践を含んだトレーニングを行いました。また、最終日にはJSSの職員に加えJICAやJICEの職員も出席した場でプレゼンテーションを行いました。

 アムケレ・ソキヴェ・アムケレさんにとって、このインターンシップへの参加を通じて自国パプアニューギニアでのキャリアに生かせる知識や技術を学ぶことができ、大変有意義な経験となりました。